7 Luglio 2022

小麦、ムルジアでさえ「休息」ヘクタールを利用して外国への依存を減らすことができるでしょう

EU委員会が2022年にさらに耕作することを決定した特別な介入により、10万ヘクタール以上の休耕地の耕作も、収益性の低さ、野生生物による攻撃、干ばつの増加のために休耕されたプーリアで保証されます。パスタ用のデュラム小麦、農場用のパンやトウモロコシを作るための軟質小麦の追加生産。これは、休閑地の荒廃に関する欧州委員会の実施決定を実施する農業省の法令の公式官報での公表に関連して、ColdirettiPugliaが断言していることです。 2022年: 10月と11月の播種でデュラム小麦の栽培を増やすことは可能ですが、現在のキャンペーンでは、プーリアの農家は1ヘクタールあたり最大600ユーロのコストがかかります。エネルギーコストの急増。ColdirettiPugliaの分析によると、Covidのパンデミックによって引き起こされた危機後のウクライナでの戦争の雪崩効果によって引き起こされ、種子からディーゼル、そして肥料に至るまでのカスケードに反映されています。イタリアのグラナリーは、地域の農業が直面する困難な状況の象徴の1つである穀物部門から始めて、現在持続不可能な増加に関して企業を支援するための介入を必要としています。 播種された地域(Coldiretti Pugliaを追加)は、次のシーズンにはさらに2倍になる可能性があります。小麦の生産は、集約に重点を置き、適切なサービスによってサポートされ、高品質を追求し、高級品種のみに賭ける必要があります。現在世界的に認められている小麦のロシアへの移転は経済に深刻な打撃を与え、これは欧州連合全体にも直接影響を及ぼします。欧州委員会の最新の見通しに関するColdirettiの分析によると、動物飼料用のトウモロコシは93%、製パン用の軟質小麦は最大142%のパスタで、海外からの依存を減らすために農業に投資することの重要性を強調しています。食品ブラックメールに提出しないでください。 イタリアは、過去10年間で国のトウモロコシ生産をほぼ1/3に削減することを余儀なくされた農民に支払われる低賃金のために、農業原料の輸入を余儀なくされています。ミオピアの多くの産業が、ここ数十年の低価格を利用して、何年にもわたって世界市場で投機的に購入し続けることを好んだため、50万ヘクタールが栽培されました。Ismeaに基づくColdirettiの分析によると、消費者が生鮮食品や加工食品に費やす1ユーロごとに、農家への平均はわずか15セントですが、加工製品のみを考慮すると、田舎の報酬は平均でわずか6セントに下がります。データ。 現在のコストの増加率が高くなると、より多くのペナルティが課せられます-Coldiretti Pugliaは続けます-正確には、小麦からトウモロコシまでの穀物の栽培であり、ディーゼル、肥料、種子のコストの急増と不確実性のために国で使用されています市場の憶測に翻弄される価格で価格を売ることについて。コストの増加によって引き起こされた作物の削減(Coldiretti Pugliaを強調)は、パン用に小麦の64%、パスタに必要なものの44%を輸入することがすでに義務付けられているイタリアとの農業食品供給への海外からの依存を増大させるリスクがありますが、消費された牛乳の16%、牛肉の49%、豚肉の38%は、動物の栄養に不可欠な国産のトウモロコシと大豆の作物であることを忘れずに、Centro Studi Divulgaの分析によると、イタリアのニーズの53%と27%のみがカバーされています。エミリオ・レピドからフリオ・カミーロ、マルコ・アウレリオからマッシモ・メリディオ、パノラミックスとマイオルカの小麦まで、最も厳選されたデュラム小麦の品種は、プーリア地方の農家によって栽培されており、イタリア全体の1/4以上を生産しています。デュラム小麦。チャート:   プーリア 2020 2021年 穀物生産 総面積-ヘクタール 総生産-キンタル 総面積-ヘクタール 総生産-キンタル     一般的な小麦 15000 402800 7100 233000     デュラム小麦 344300 9904500 343500 9718500     オオムギ 22350 549000 22050 550000     オーツ麦 24650 562400 24550 564400     コーン 840 52300 835 53500     ソルガム 100 4000 100 4000     他のシリアル 6040 126800 6090 133810 合計 413280 11601800 404225 11257210   IstatデータソースでのColdirettiプーリア処理   バリ、2022年6月1日 VideoAndria.comブログに関しては、次のアドレス> https://t.me/andriabarlettatrani < Instagramから次のアドレス> instagramにサブスクライブすることで、Telegram からすべてのニュースをリアルタイムで受信できることをお知らせします。 com /andriapuglia <およびFacebookから> Facebook.com/VideoAndriaWebtv <の「...
Send this to a friend